各教師は、いくつかのアクションを使用して、独自の個人レッスンまたは集団レッスンを編成することができます。
集団レッスンは実際のマスタークラスのように構成することができ、学生は交代でクラスメートのレッスンをフォローすることができます。
電子レジスターは異なるクラスの学生を編成したり、レッスンの進捗状況や各学生に割り当てられた時間数を追跡したりするのに便利です。

電子レジスタ

uwMeetingの管理では、クラス、教師、生徒、授業の準備などの組織化と調整が可能です。
主な機能は以下の通りです。

レッスンカレンダー

各レッスンについては、レッスンの日時の他に、レッスンの期間、ビデオ撮影の有無、誰が何人で参加するかなどを設定します。
レッスンが入力されると、自分のカレンダー(GoggleやAppleカレンダーなど)に保存しておくことができ、開始前に警告を受けることができます。
生徒は登録の義務はありませんが(任意です)、他のチャットプログラム(例:WhatsApp)を使ってメールでレッスンへのリンクを受け取ることができます。

バーチャルボックス*

教師がレッスンを設定することができる共有ドキュメントの整理。
各レッスンでは、ダウンロード可能なドキュメント(.docと.pdf)、YouTubeとVimeoのビデオ、特別なプレーヤーで聞くことができるオーディオファイル(.mp3)を添付することができます。
さらに、同じ文書を何度もアップロードする必要がないように、教師は自分のアーカイブを持っており、最もよく使われる資料を整理することができます。
*2021年の第一四半期内にアクティブな機能

レッスンの記録

各レッスンは録音することができるので、教師が生徒に提案することができる付加価値があり、生徒同士がお互いの話を聞いたり、受けた観察を再度聞いたりする機会が与えられ、離れた場所でのレッスンのプロペデューテイックな価値を高めることができます。


彼らは uwMeeting を使用しています。


Copyright © 2022 uwMeeting - UbyWeb&MultimediauwAdmin によって実現されました。